FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終巻

見える女子高生、棗ちゃんの日常を描いた『ありをりはべり』の最終巻の発売日でした。

最終巻だと知らなかったので、帯見た瞬間に軽くショックを受けました…ははは。
衝動買いしたけど大当たりの作品だったんですよー
かわいいし爽やかだし泣けるし癒されるし!!
オカルト漫画やら歴史漫画ばっかり読んでるから…(笑)

とは言え、季節感が大事な作品。主人公はちゃんと進級してたし、
その辺を無視して延々と続くとは思ってませんでしたから、
いつか別れが来るとは思ってましたが…。

高校一年生だった棗ちゃんも高校三年生。
地歴部員の面々もそれぞれ夢に向かって歩いてて、
地元に残る棗ちゃんと、東京の大学に進学する藤島くんにもお別れの時が。
ぼんやりした二人ののんびりした恋物語も、最終巻でようやく結実(笑)
(付き合うようになってからも「立花」「藤島くん」て呼び合ってて欲しかったけど(笑)
だってそういうペースじゃないか、あの子たちは!!)
神様たちの言葉も心に響き、いい最終巻だったワーとほっこりしながら
最後の最後のページをめくりましたところ、

「大人になった棗たちにまた会える?!ありをりはべり続編、今秋連載開始予定」

かかかかかかかかみさま!!
神様って本当にいるんだね…!!!
ありがとうタテミナさま、ありがとうミーシャ!!

嬉しいサプライズでした。掲載誌チェックしてたらわかったことかもだけど(笑)

綺麗に終わってたし、これはこれで満足なんですが、続編あるなら嬉しいです。
メンバーは変わるんだろうけど、たまには地歴部メンバーも出して欲しいなあ、
部長とか部長とか部長とか…(笑)
(番外編でもいい味出してたよ…いいキャラだ…)

コミックスが出るのはまだまだ先でしょうが、楽しみに待ってようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。