FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茜さす紫の花

某お昼のサイコロトーク番組で、元モーニング娘。の高橋愛ちゃんが、
「どうしても会いたい人」として中大兄皇子を挙げてました。
なんでもタカラヅカ歌劇「茜さす紫の花」で惚れたらしく、
「中大兄皇子は強いんです!弟の奥さんを取っちゃうんです!」と熱弁。
弟の奥さんを寝取る=強いの意味はよくわかりませんが(情熱的とか不敵とかいう意味かな)、
その後に、
「弟の奥さんは元々中大兄皇子が好きだったんだけど、子供扱いされたから弟と結婚した」と説明。
さらに
「大人になったら美人になってたから、中大兄皇子は弟の奥さんを取っちゃったんです」と…。
すると会場のおばさま方が「へえ~~」。

いやいやいや、それは劇中での設定ですから(笑)
信じちゃダメ!!
実際どうだったかなんて、里中大先生でも知らないんだから(笑)!!

しかし、「茜さす紫の花」ってそんな話だったかしら…
確かに学生時代にヅカ好きのクラスメイトにビデオ借りて見た気がするけど、
鎌足の華麗なるカマタリアンダンスしか覚えていないという…(笑)
あ、有間と大友が仲良くしてた、確か。
ラストもイマイチよく分からないまま終わって行ったような…
大海人さまが槍突き立てて、中大兄さまが「大海人ー!」と叫んで終わり。みたいな。
違ったかな;


さてさて、これは昨日たまたまテレビニュースで見たのですけれども、
現在、晴明神社とその裏手にあるお土産物屋さんが揉めているそうです。
そこのお土産物屋さんで買ったグッズを持ってる人は参拝禁止らしいです。
厳しいな!!

なんでも、「晴明くん」というお土産物屋さんのオリジナルグッズが原因だそうで…
「晴明”くん”だなんて冒涜だ」というのが神社側の意見です。
店側はそんな意図は全然ないと主張。
10年近く営業してきたのに、青天の霹靂と困惑気味でした。

…冒涜、か?
そんなキャラクター、日本中に存在すると思うんだけど…
だって明日香や太子町には「たいしくん」がいるし、
京都の某大学には、モロにホトケの格好をした「ぶったん」なんてのがいる。
西本願寺か東本願寺は、ブタとブッダを掛け合わせたようなマスコットを作ったはず。
冒涜というなら、奈良のアイツの方が見た目的にも余程ヤバイと思うんだが…(爆)
他の土地はよく分からないんだけど、地方地方で絶対的な存在ってあると思うんだ。
例えば、甲斐の武田信玄とか、土佐の坂本龍馬とか。
(山梨では信玄公を呼び捨てにしたら怒られるってケンミンショーでやってた)
そういうところでは「しんげんくん」「りょうまくん」的なキャラは、一切存在しないのかな…?

それは置いといて。
晴明くんはあくまでお土産物屋さんのオリジナルグッズで神社とは無関係だけど、
お店と神社側が異様に近いせいで、公式グッズだと思ってしまうお客さんがいないとも限らないので、
その辺は法的に問題になるかもだけど、今のところグレーなんだとか。
(もちろん、お土産物屋さんは晴明くんを神社公式グッズだと偽って売ってるわけじゃないです)

でも、それなら「あれはうちとは無関係ですよ」とちゃんと言えばいいだけで、
何も参拝禁止にまでする必要はないような…;
開運の祈祷もしてないものを開運グッズとして売り出すのはどうか、
という意見はなるほどな~~と思いましたけど。(そこはお店の人も反省してた)
だったらそういう差を付けて、「本物」を神社から売り出せばいいだけだと思うんですが。
神社の境内にあるグッズ売り場で売ってる物は全部神社でお祓いしてまっせー、とか。
それでもあっちが売れてイラッとするなら、神社で公式マスコット作るとかさ。
だってお土産物なんて所詮お土産物…旅の記念品程度で、ご利益求めて買うものではないでしょ。
ご利益欲しいなら神社でちゃんと買うよ。
お土産物は神社(とか寺とか)とその周辺を盛り上げるために存在してるわけよ。
で、そういうものが欲しい晴明ファンたちは、
神社で晴明くん的なものが売ってないからそっちで買うんでしょ。
それを「持ってたら参拝禁止」って…消費者の自由を奪ってる気がするんだけども…

まあ、晴明くんが冒涜だなんて言ってる限り、晴明の名前の付いたマスコットなんて作れないだろうなあ。
それはそれで勿体無いような…だって絶対売れるのに(笑)
(かと言ってあれだ、な~むくんみたいな子が生まれたら困るけど(笑))
(な~むくんは着ぐるみだと結構かわいいんだよ!!本当だよ!!)

参拝客も多い神社だけに、早いところ和解してくれるといいなと思います。ええ。

なんか、白い恋人vs面白い恋人みたいだな…
宗教が絡んでるだけに、よりややこしいけどね;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。