スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありをりはべり

本日はもう1記事。

こういうマンガを衝動買いしました。

ありをりはべり(1)

ありをりはべり(1)

価格:440円(税込、送料別)



何か調べ物をしていてたまたま見つけたマンガ。
タイトルからきっと和風テイストなマンガに違いないと思って調べてみたら、
「八百万の神様が”見える”女子高生の物語」とのこと。

なんかありがち?と思ったんですが、
ほんわかのほほんとした画風だし、舞台は異世界ではなくあくまで日常っぽい。
何より神様が出てくるというのがイイ!と思って、既刊の3巻をまとめて注文。
(ついでに手塚ブッダも全巻買いました!やっちまいました!)

それが本日届いたので、ちびたちをほったらかして読みふけってみました。

大 成 功 ☆

買ってよかった、この本!
画風に違わず、ほんわか~~とした世界観に物語。
天然ボケっぽい主人公の棗ちゃんは一生懸命で好感が持てるし、
彼女を取り巻く地歴部の皆さんがまたナイス。
私の涙腺はゆるめなので、ほろりとするお話もあったりなんかして、とても満足してます。

神様ももちろん出てきますが、そっちに偏り過ぎてないのがいいんだと思います。
作者さんのご意向でモデルの神様とか土地は伏せられているんですが、
「カルラ舞う」読者でもある私は、一発でピンと来てしまいました;
詳しい人が読めば一瞬でわかるんでしょうなぁ。
私は神様には詳しくないのでなんとも言えませんです;えへへ;

難を言えば(言うのか)…
タテミナ様がどうにも現代っぽい…ような…;
ミーシャや他の神様は2頭身のちびキャラ状態なので、違和感以前に「かわいー!」なんですけども、
タテミナ様だけ普通の頭身だからなんか…(笑)
神様はみずら結っててほしーと思うのは、刷り込みというか思い込みと言うか…ですけどね(笑)。

でも、タテミナ様を祀る神社の息子が「藤島君」だったり、
のほほんとしてそうできっちり押さえてあるな~~とも思います。すごい。
…偶然、じゃ、ないよね??

ともあれ、この先、棗ちゃんがどんな風に成長していくのか、
藤島君とどうなるのか(笑)、とっても楽しみです。


…また未完マンガが増えちゃった(笑)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。