スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿せんべいの洗礼

久しぶりに、仏友と奈良に行ってきました!

と言ってもうちの子二人がくっついているので、
ブツ度は非常に低かったのですが;

まずは新しくなった大和西大寺駅でお昼ご飯。
子連れだとファミレスが便利なのですが、そんなものはないので(笑)、
イートインができるパン屋さんに。
そしてそこで発見しましたよ、噂の商品を!!

せんとくんカプチーノA

せんとくんカプチーノ 300円(通常商品と同価格!)!

こんなの飲まないわけにはいきませんよね!
普段コーヒー飲まないのに頼んじゃったよ(爆)!
型の上からココアパウダーふってあるだけなんですけど、
せんとくんだもの、なんでもアリ!

ちょっと飲むのをためらいつつ、慎重に飲んでたのですが、

せんとくんカプチーノB

輪郭が崩れて上目遣いの全然ちがうキャラになりました(笑)。


んで、そこからリニューアル唐招提寺を目指しました。
ちょうどチビ助がおねんねタイムに入ったので、ブツ友と交代でベビーカーを見張りつつ見ブツ。
リニューアルを経て、爽快感が増したというか、やっぱり好きだ、唐招提寺!!
マイベストオブブツの千手にも久しぶりに会えました…

和上…和上の魂は息づいていますよ…(永井大先生の『氷輪』に思いを馳せつつ)

で、講堂に回ったのですが…あれ?なんか、中井貴一似の弥勒しかいない…??
(鎌倉時代の如来像はみんな中井貴一に似てるのか??)
確か前は中に入れて、もうちょっとブツが並んでいた気がしてたんだけど…
吉祥天像とか…もしかして錯覚?
それとも宝蔵に入っちゃったのかしら;

ナゾを孕んだまま、見ブツおしまい。
いやー、子連れだと落ち着いてブツを見ることができません…
だってじっとしててくれないんだもの…
ブツより砂利が気になるんだもの…!!
仏童失格。

娘の「早く行こう」コールに引っ張られて、それでもとりあえず売店に。
そこで売店のおじさんに勧められるがままに二人して衝動買いしたのが、
なんと金堂の古材を作って作られたという松の念珠、和上のありがたいお言葉付き!

わ、和上…!!

その名高き唐招提寺の古財を身につけられるなんて!
数量限定のプレミア感も手伝って、プロ学会のテンションMAX(笑)
この念珠に出会えただけで今日一日満足です、ええ。

うーん、さすが唐招提寺…元新田部の邸だけあるわ…!!
私の心をつかんで離さないマイトップオブ寺、唐招提寺!!
(でも法隆寺は別格(笑))

唐招提寺は、できれば子供なしで行きたいです。
境内の空気が癒し系なので、散策するだけでもとっても満足できるんです。
一番好きなのは和上のお墓の辺りだったりします。


えー、後は奈良市内に出たのですが、
鹿大好きな娘が、生まれて初めて鹿せんべいを鹿にあげました。
が、鹿せんべいに対する鹿の本来の姿にすっかり恐れをなして号泣(爆)。
まさに鹿せんべいの洗礼。恐るべし、鹿。

自分があげたいペースより先に鹿がせんべいを取ってしまうので、
娘は怖いやら上手くいかないことにイライラするやらですっかりご機嫌斜め。
わずかに残った欠片を、お姉ちゃん(=ブツ友)が鹿にあげるのもダメ、
自分があげるのもイヤ、ママがあげるのもイヤ、帰るのもイヤとごねごねにごねまくる。
イヤイヤ怪獣に変身したきり、その場を動こうともしないので、
こうなったらもう、「ほったらかして帰る(ふり)」という荒療治しかないのです;
そのくらい頑固なのです、うちの娘は…私に似て(笑)。

まだ独身のブツ友はさぞびっくり、そして困惑したことと思います…すまん;
子育ては、戦いなのだよ。

最終的に、鹿せんべいのかけらは、「柵の向こうにいる鹿」にあげることで示談成立(笑)。
柵の向こうだったら、襲ってはこないからね…

食べ物を持ちながらヤツらに近づくのは危険、ということを覚えてくれただろうか。

このまま「奈良恐怖症」とかになられても困るな~とか思ってたんですが、
その心配はなかったようです。
鹿の次に彼女の心を捉えたのは、近鉄奈良駅前の行基の噴水です。
「水が止まったら行こう」を、その日1日で3回くらい繰り返しました(笑)。
子供だしね、噴水とか好きですよね;

ん~~、まあ、黙ってお寺に付いてきてくれるだけでもありがたいと思うか。
きっとそのうち「お寺なんか楽しくない」とか言い出すんだろうけど…。


次はなんとかGW中に遷都祭に遊びに行けたら…と思ってます。
でもきっとすごい人出なんだろうな…;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。