スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの仮面24巻(文庫版)

こちらも何年ぶりかすっかりわからなくなりましたが、
ガラスの仮面の文庫版、24巻が出ていたので買ってきました。

亜弓さんはいつ失明するんだろうと思ってたんですが、
そのエピソードはコミック版ではなかったことになってるんですね;
よもや雑誌連載とコミックが全く別物になっているとは知りませんでした。
「このままじゃ(長引きすぎて)終われない…」ってことなんでしょうかね。

ともあれ、あれですよ。
桜小路君をなんとかしてもらえませんかね;
長年の片想いだし、ヤツに同情しないわけでもないんだけど、
行動がどうにも女々しいというか、妙に乙女ちっくなんですよね(笑)
イルカのペンダントとか…写メとか…うおお鳥肌が(爆)

マヤへの想いに気づきつつ、敢えて冷たく当たる真澄さまとの落差が;

でもあの真澄さまが桜小路君みたいな若造に嫉妬するなんてねぇー。
見ていてツライから真澄さまこそ自分の気持ちに嘘つくのはやめて!と思いますね。うん。

その前に、障害がありますけども。
どうする詩織さん。
あの人は処天における布都姫みたいですよね、一切感情移入できないお邪魔キャラ(笑)。


試演のための稽古開始からの収録だったけど、
結局面白かったのは、マヤが阿古夜へまた一歩近づく場面だけだったような…;
桜小路君とマヤの仲良しシーンとかは本当にどうでもいいです(爆)。

亜弓さんも色んな稽古をしてるけど、
「天女に見えるように」という表現方法だけに固執してる気がしないでもない。

んー…なんか違うなぁ…。

マヤと亜弓さんの間に、梅の谷の時みたいな白熱した感じがないっつーか。
「何をつかもうとしているの!」とかいう独白はあったけど、
さすが亜弓さんだわ!ステキ!と思ったのって、本当にそこだけだったなぁ…。

でも最後には御大(爆)も登場して、さあいよいよ稽古を見てもらいますよ!!

…というところで24巻おしまい。


次はいつになるんだろう…。
コミック版を買ってもいいんだけど(続きが出てるし)、
全部文庫で持ってるしなぁ…;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。